恐怖のマグセント

    └ 入院
09 /11 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

管理入院が始まってからというもの、早産を予防するために飲んでいた
内服薬のリトドリンは点滴に変わり、そこからは点滴生活が始まりました。

点滴は一定量が常に身体の中を流れるので、内服で苦しんだ、動悸などの
急な副作用は、点滴ではほとんど見られませんでした。

しかし、いよいよ妊娠後期、35週頃に差し掛かると、お腹が張る回数が増え、
点滴の量も最大値に達してしまい、新たに【もう一つ】、
点滴が増やされました。

それが、同じく早産を防止するために使われる【マグセント】という
点滴でした。

ゆっこは入院前から、色々な方のブログは読ませていただいていたので、
それだけは何とか避けたかったのですが、35週が過ぎ、あともう少し、
というところで、以前、子宮頚管が短くならないように結んだ糸が
いよいよ切れてしまったのです・・・。

「マグセントを使なきゃもたないよ」と、主治医の先生から話があり、
覚悟を決めたものの、マグセントは全身の筋肉を緩める働きがあり、
これまで以上に辛い副作用との戦いが始まりました。

私が感じた主な副作用は、

・めまい
・ふらつき
・吐き気
・まぶたが開きにくく、目が重たい

筋肉を緩める作用があるマグセントを流してからというもの、
それからはまともに歩けなくなってしまい、いよいよ大部屋から、
洗面台やシャワー室が付いている個室に移動になりました。

歩くのも、壁をつたいながらやっと進むことが出来るほどでしたので、
病室から出る時は、車椅子を使うほどでした・・・。

流量を増やした日には、夜中に我慢出来ないほど、急に胸が痛くなるような
苦しさもあり、急遽、心電図や血液検査をしたりもしました。

あの体験だけはもうしたくありません・・・。

コメント

非公開コメント