切迫流産になったあの日

妊娠中 ┬ 自宅安静
09 /04 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

初回の診察では、双子の妊娠は、流産や早産になりやすいから無理をしないように、と、主治医の先生から話がありましたが、私の仕事は保育士。

小さい子を抱っこしたり、重たい物を運んだり、走ったりするなんて
当たり前です。

又、今まで、出産してきた先輩の先生方も、皆さん産休ギリギリまで
働いていたので、その時は、私も当然、仕事は続けられるだろうと
思いこんでいました。

しかし、妊娠が発覚すると、次第に出てくる体調の変化・・・

とにかく毎日の身体のだるさと眠気がひどく、気付けば、出勤前は、
栄養ドリンクを飲まないと仕事にならなくなっていました。

でも、【あの日】は、たまたま飲み忘れてしまい、朝から眠気と
戦っていました。

仕事中なのに、これじゃダメだ!!と、その時私がとった行動は、

・ とにかく動き、泣いてる子どもがいたら、ひたすら抱っこをする
・ 隙を見て、冷たい水で何度も手や顔を洗う
・ 上着を脱ぎ、身体を冷やす
  (その日は寒い日でしたので、眠気覚ましになると思いました)

今、思えば、何てことをしたんだろう、と、思いますが、
子どもを預かっている立場上、私が気を抜いてしまうことで
子ども達に何かあったら困るので、もうその時はこうするしか
方法は考えられませんでした。

そして、出勤してからわずか1時間半ほどで、ジャージが汚れてしまうほど
出血してしまい、そのまま病院に行くことになってしまったのです・・・。

先生の診察は、切迫流産でした。

【切迫流産】 妊娠22週未満で出血があり、流産しかかっている状態

明日から仕事は休んで下さい、と言われ、頭が真っ白になりました。

職員がたった1人でも欠けてはいけない保育の現場で、
子ども達にも先生方にも大きな迷惑をかけてしまったこと・・・
それは今でも、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

コメント

非公開コメント