TTTS

    └ 入院
09 /09 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

ゆっこは一卵性の双子を妊娠しましたが、
一卵性ならではの妊娠中のトラブルで最も恐れていたのは、
TTTS(双胎間輸血症候群)でした。

簡単に言うと、本来なら一緒に育っていくはずの双子が、
胎盤を共有していることにより、何らかの影響で血液や羊水のバランスが崩れ、
一人は羊水過多で大きく育ってしまい、もう一人は羊水過小で小さく育って
しまう、といった、一卵性特有の妊娠トラブルになります。

この場合、血流に問題があり、治療が遅くなれば、2人共、死亡してしまう
恐れもあります。

又、日本ではまだ手術が出来る病院が少ないのと、進行が早いため、
一卵性双生児を妊娠した場合は、診察では、体重差や羊水量の差を、
より毎回、慎重に見ることが大切になります。

TTTSはまだはっきり解明されていなく、約10%の方が発症しているそうで、
ゆっこも診察では、毎回、二人の発育具合が心配でした・・・。

コメント

非公開コメント