抱っこ紐購入3本目

育児グッズ
10 /13 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

これまで、抱っこ紐1本目→ヒップシート、2本目→ナップナップ と
購入してきましたが、今日は3本目に購入した抱っこ紐について書きたいと
思います。

抱っこ紐、買いすぎですよね・・・。

でもまだあと2本、記事に書きたい抱っこ紐がありますので、もし、
これから抱っこ紐を購入するにあたってリサーチをしている方は、
よろしければご覧下さい(^_^;)

さて、ゆっこが3本目に購入したのは、
クロス型抱っこ紐です。

バックルがなく、全て布だけの、後ろが『ばってん』になっている抱っこ紐で、
今回は、「キウミベビー」というメーカーのものを購入しました。

メリットとしては、

・Tシャツを着るように上から被るだけなので、装着が簡単
・バックル等の留め具がないので、折りたたんでカバンにサッと入る
・コンパクトに持ち運べることで、ベビーカーでの移動の際、
 抱っこ紐を持っていこうか迷う時にも、ぐずった時用として持ち運びが出来る

と、言ったところでしょうか。

クロス型抱っこ紐もいくつかのメーカーから出ており、それぞれ似ていますが、
なぜ、ゆっこがキウミを選んだかというと、

・折りたたんでカバンに入れる際の巾着袋が付いている
・太もも部分がギャザーになっていて食い込まず、肌に優しそう

この2点で選びました。

お出掛けの際のメイン抱っこ紐としては難しそうですが、
サブとしては活躍出来ると思います。

ちなみに先日、ゆっこは、キウミを前に付け(抱っこ)、
腰ベルトタイプのナップナップを後ろに付け(おんぶ)、
双子と買い物に行きました。

2人共、6キロ超えなので重たいですが、
抱っこ・おんぶも、今ならまだいけるかな、というところです。

ちなみに寝かしつけも心地よいのか、抱っこをするとすぐ寝てくれています。
腰ベルトタイプに比べると長時間はやはり疲れますが、寝かしつけが
早ければすぐ外せるので、今のところ我が家では、寝かしつけと、
抱っこ・おんぶの両場面で、大活躍です。

抱っこ紐も本当は1本で済んでしまえば楽なのでしょうけど、難しいですよね。

それぞれの時期によって、使いやすいものを探すことで、少しでも育児が
楽になればいいな、と思います。

以上、抱っこ紐購入3本目でした(*^_^*)

[続]昔ながらのおんぶ紐

育児グッズ
10 /06 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

昨日の記事の続きですが、生後4ヶ月になり、首すわり後、すぐに
昔ながらのおんぶ紐を試したわけですが・・・

これがまた、なかなか難しい・・・。

赤ちゃんの脇の下に紐を掛けて、ヒョイっと担ぐのですが、まだ首がすわって
間もない小さい子をおんぶして落としたらどうしようという怖さと、
又、子ども達も違和感があるのか、泣き出してしまう始末・・・。

結局は、その前に購入したナップナップの方が、落下防止ベルトが
付いている為、おんぶも楽に出来るので、残念ながら、今はそちらしか
使っていません。

が、しかし、昔ながらのおんぶ紐も、発達の観点からは確かに理に
かなっているので、使わないのは非常にもったいない・・・!!

今までの研修で一番、目からウロコな情報だったので、ぜひやりたい!

今はまだ押入れの中に眠っているので、一人でお座りが出来るようになって
安定したら、ぜひまたチャレンジしてみようと思っています。

昔ながらのおんぶ紐

育児グッズ
10 /05 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

さて、昨日は抱っこ紐についての記事でしたが、今日はおんぶ紐についてです。
ゆっこは以前から、「昔ながらのおんぶ紐」がずっと気になっていました。

というのも、以前、保育士の研修会で講師の先生から聞いたお話なのですが、
昔ながらのおんぶ紐は、赤ちゃんの発達にとてもいいそうなのです。

今、主流になっているほとんどの抱っこ・おんぶ紐は、肩と腰で支えるもので、
元々は、海外の人が赤ちゃんをおんぶする時にそのようにしていたそうですが、
そうすると、赤ちゃんは荷物を背負うようにお母さんの真後ろにくるので、
全く前が見えないんですよね。

ですが、本来、日本でのおんぶは、肩越しに赤ちゃんの顔が見えるほど
高い位置で背負うので、「昔ながらのおんぶ紐」で赤ちゃんを肩越しに
おんぶすると、赤ちゃんは前を見ることが出来ます。

赤ちゃんにとって前を見ることはとても大事で、更に、肩越しにお母さんと
『同じ視線で』景色や物を『一緒に見る』、共同注視が出来ることで、
お母さんの手元を見ながら、自然と、赤ちゃんにとっては視覚の刺激になり、
お母さんのやっていることを学んでいくんだそうです。

確かに、昔のお母さんはいつもおんぶで家事をしていますよね。

家事をしているお母さんを肩越しに見ることで、赤ちゃん自身も一緒に
行ってるように感じられるようで
(これを脳科学ではミラーニューロンというそうです。)、
昔ながらのおんぶをすることは、赤ちゃんにとって、自然と、
見て、学んで、真似をしたりすることが出来る、という、
【知育効果】もあるそうです。

素晴らしいですよね(*^_^*)
なかなか興味深い研修内容に驚きました。

今はリュック型の抱っこ紐が主流なので、ゆっこも、
「子どもが産まれたら絶対に昔ながらのおんぶ紐を買おう!」と思い、
生後4ヶ月頃、購入しました。

さて、使ってみた感想ですが、記事が長くなってしまったので、
続きはまた明日、書きたいと思います(*^_^*)

抱っこ紐購入2本目

育児グッズ
10 /04 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

以前、「お手軽抱っこ紐」の記事にてヒップシートについて書きましたが、
今日は、2本目に購入した抱っこ紐について書きたいと思います。

抱っこ紐は様々な種類がありますが、
我が家は双子なので、【おんぶがしっかり出来て、かつ、お手頃な値段】、
というのが選ぶポイントでした。

ゆっこがベビー用品をレンタルしていた会社では、【試して購入】という
サービスがあったので、そちらでお試し後に購入しましたが、
ゆっこが選んだ抱っこ紐は、『ナップナップ』というメーカーの抱っこ紐です。

こちらはゆっこの友達も使っているので、おすすめはされていましたが、
落下防止ベルトがついているため、おんぶも全く怖くありません。

とても使いやすいので、今は子育ての必需品です!

以下、実際にゆっこと友達がナップナップを使って感じたことを
2つお伝えします。

これから購入を検討されている方は、参考までに・・・

まず1つめです。

ゆっこは、色は汚れが目立たないようにネイビーを購入しましたが、
赤ちゃんの口が触れる抱っこ紐のベルトの両脇部分は、よだれですっかり白くなってしまいました・・・。
洗えるとは思いますが、やはり毎日使うものなので、よだれカバーはあった方がいいです!
手作りされる方もいるかと思いますが、市販でもお安く売ってるので、ゆっこも今後購入しようと思っています。

次に2つめです。

こちらは新品の購入がおすすめです!
なぜかというと、友達はリサイクルショップで中古で購入したそうですが、
腰ベルトが少し折れているそうです。
確かにネットでも調べると、【腰ベルトが折れる】という口コミを、
ちらほら見かけます。
ということは、やはりがっちりしている海外製の抱っこ紐よりは柔らかいので
折れやすいのかも?
ただ、これに関してはナップナップの公式HPのよくある質問にも回答が
出ていましたが、隙間があったり、巻く位置が上過ぎ、下過ぎると、折れやすくなるそうです。
というわけで、新品の購入をすすめられて使うこと、早2ヶ月・・・。
双子育児で毎日大活躍ですが、常に隙間なく腰ベルトを付けることを
意識しているので、今のところ、腰ベルトは全く折れていません!
まだまだ丈夫です。
今後も折れ癖が付かないように気を付けて使うつもりですが、
使いようによっては折れやすくもなるので、やはり購入される際は、
新品の方がおすすめです。

以上、抱っこ紐購入2本目でした(*^_^*)

初めてのおもちゃ

育児グッズ
09 /29 2018
こんにちは♪ゆっこです(*^_^*)

ゆっこは、子ども達に、生後3ヶ月になってから、初めておもちゃを
買ってあげました。
ベビー用品店で2〜3ヶ月の赤ちゃんが対象である、
リストラトル(手首にマジックテープで付けるガラガラ)と、
網目状のボールを買ってあげたのですが、反応はイマイチ・・・

リストラトルは手に付けてあげると振って音が鳴りますが、
楽しんでいるのかどうか・・・

ボールもジーッと見るだけでまだまだ持てない・・・

対象月齢に合わせて購入しましたが、せっかく買った初めてのおもちゃは、
我が子にはまだまだ早かったようです。

が、しかし、生後4ヶ月になると、興味を持ち始め、いつの間にかしっかりと
掴めるようになりました!
又、ちょっとの時間、なめたり、振ってみたり、掴んでみたりと、おもちゃで
遊んでくれるようにもなったのです!

抱っこ、抱っこから、少し解放された瞬間でした。

おもちゃもその子の発達によって、使う時期は、いずれくるようです。

たかが1ヶ月、されど1ヶ月・・・
赤ちゃんの成長は、本当に早いものですね(*^_^*)